図面には設計図,施工図,竣工図があります

通常、設計図書等は、
設計者からデベロッパー、管理会社、そして管理組合に受け渡されます。

現在では、マンション管理適正化法により、
マンションの維持管理に必要な竣工図書等はデベロッパーから管理組合へ
引渡されることが義務化されました。

しかし、設計図はあるが、竣工図がない。
さらには、図面なんて全くない。

といった、
図面の保管に対して、とても適切な管理状況とはいえない管理組合が見受けられます。

あらゆる図面は、今後の修繕について必要であり、
図面がない場合、新たに費用をかけて図面をおこさなければなりません。

図面の保管は金銭的価値のある重要書類の保管と考えるべきです。

なお、マンション建設にあたっての基本的な図面には
以下のものがあります。

設計図➡マンションの設計にあたって形状,構造,寸法を一定のきまりに従って記した図面
施工図➡施工にあたっての具体的な図面で、現場での作業が進行しやすく進めるための図面
竣工図➡設計図から実際の建築にあたって修正されたマンションの現況を表す図面

特に重要となるのが竣工図書

管理組合の大事な財産となる図面、
特に重要となるのが竣工図書一式です。

竣工図書には、平面図、立面図といった意匠図、
構造計算書、伏せ図といった構造図、
設備について表す設備関係図があります。

現況を表す竣工図は、
寸法の収まりや仕様内容といった
修繕の際には必ず必要な図面となります。

竣工図書一式には以下のものがありますので
貴マンションにはあるのか、
必ず確認してもらいたいと思います(通常、以下の図面は竣工図書一式として纏められています。)。

平面図…間取り図となる水平断面を図面化したもの。
立面図…マンションの外観を表す、横から見た投影図。
断面図…横から断面を表す図面。同じような図面として矩計図(各部分の標準的な高さを示す)があります。
付近見取図…マンション周辺を示した地図。
配置図…マンションの配置や敷地内にある駐車場、植栽等の外構の位置、道路、隣地境界線を表します。
伏せ図…各階床伏図、小屋伏図、基礎伏図、梁伏図等があり、構造等の配置などを、上から見下ろした図面。
構造図…マンションの構造関係を表したもので、鉄筋量や柱、梁の本数等が示された図面。
設備図…電気系統、機械系統などの詳細を表すもので、それぞれの系統に応じた伏図などがあります。

また、
構造計算書…建物が外力から耐えられるかどうか、建築基準法等の法令に適した基準に達しているかどうかが計算された書類。
仕様書…施工される材料のメーカーの記録や実際の施工方法(手順や数量)の記載がされている書類。
これらも、竣工図書一式に含まれます。

これらの図書の保管は
とても重要であります。

最近では紙媒体での保管とは別に
図書を電子化して保存する管理組合も増えています。

貴マンションにあった
最善となる保管方法を決めてもらい
大切に保管してもらいたいと思います。