コンクリートは防水処理をしませんと水や雨水をそのまま吸水し、重力により下へと逃げて行きます。
これがコンクリートで作られているマンションでの漏水問題の原因です。

そして、一般的な原因には人的なものと物的なものとなります。
人的な原因での漏水は建築工事による欠陥や洗濯機や浴槽での溢水の場合により起こり、物的な原因では老朽化等により起こります。

上記漏水原因は理由がはっきりしてるので今後の対応が明確になります。
しかし、漏水箇所が分からず対応が難しいことが多々あります。

そこで原因追求が行われます。
一般的に漏水の水がきれいであれば上水の漏れ、汚くひどい匂いがある場合は汚水、雑俳水と特定できます。
また、直近で雨や雪が降っていたかも重要な判断材料となります。
つまりはバルコニーや屋上での防水処理の現状が問題となっています。

しかし、原因の特定が難しいのが大多数。

漏水の原因が共用部分にある場合は管理組合が責任を負い、専有部分であれば区分所有者の責任となります。
原因が特定できなければ保険での対応も難解な手続きとなります。

管理組合での損害賠償に対する責任保険の加入は常識と考えられますが、漏水の場合の損害は共用部か専有部か判然としない場合がありますので管理組合側からも個人賠償責任を担保しておく必要もあるでしょう。

保険によっては漏水調査の費用まで支払われる保険もあるようです。

お粗末さまでした。