士業は委任契約について十分と認識する必要がありまね。
改めて自分に言い聞かせるために復習します。

契約の分類としては諾成契約(委任者と受任者の合意)。
原則報酬なしの無償契約です。

ですが、特約で報酬が得られます。…原則無償はローマ法の名残と言われてますね。

受任者の義務について、これが一番士業としては重要な部分であります、善管注意義務です。
有償、無償関係ありません、善良な管理者としての注意義務です。

常に委任者のために注意を持って行います…これが責任重大なんですよね。
損害賠償と隣り合わせみたいなものです。

受任者は報告義務もあります。
委任者の請求があるときはいつでも委任事務の処理を報告しなければいけません。

しかし、委任者側にも義務があります。
委任者は受任者から請求があれば費用を前払いしなければなりません。

立替の費用については支払い日以後の利息の支払も必要となります。