こんばんは、今日は車庫証明についてです。

車庫証明が必要になる場合は新車を購入したとき、中古車を購入したり譲り受けたなど保有者が変更したとき、自動車の使用の位置を変更したときです。

この条件のもと、必要書類を集めて車庫証明のため管轄の警察署へ行きます。

そこで必要書類の中に他人の土地を使用して駐車する場合には貸主から承諾書をもらう必要があります。
この承諾書は賃貸借契約書で十分認められます(管轄の警察署で確認してください)。

この賃貸借契約書で承諾書と認められるのですが、仲介不動産や貸主によっては手数料を支払って改めて承諾書を発行する手続きを求められる場合が多数あります。

…?ですね。

賃料を支払い権利を持って駐車場を使用してます。
無駄な費用を払う前に不動産屋や貸主と十分に話してみる価値はあると思います。

お粗末さまでした。