こんばんは、代表者の赤津です。

今日は産業廃棄物処理についての罰則についての件です。
やはり昨今の環境についての意識が高まり罰則についても非常に重いものになっています。

主な罰則は以下のものです。気をつけましょう。

5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金又は過料

1、無許可営業…許可を受けずに産業廃棄物の処理を業として行うこと

2、無許可変更…処理業者が許可を受けず事業範囲を変更すること

3、事業停止命令違反…停止命令等に違反すること

4、措置命令違反…生活環境の保全上必要な措置命令に違反すること

5、名義貸し禁止違反…自己の名義で他人に処理を行わせること

6、廃棄物不法投棄…法人の不法投棄は1億円以下の加重罰

など

3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金

委託基準違反・再委託基準違反…産業廃棄物の処理についての基準違反

など

50万円以下の罰金

産業廃棄物管理票取扱違反…マニフェストについての取扱違反

30万円以下の罰金

1、帳簿備え付け義務違反…帳簿を備えず、記載なし、虚偽の記載

2、廃棄物処理業廃止変更届義務違反…処理業者の義務を廃止、諸事項の変更の不届出、虚偽の届出

3、報告違反…処理業者等が求められた報告をせず又は虚偽の報告をすること

4、立入検査拒否等違反…立入検査に対して拒否、妨害、忌避を行うこと

など

やはり責任に裏打ちされた罰則規定ですね。
特に法人に対する制裁金については桁外れな金額ですね。

お粗末さまでした。